債務整理の方法と借金返済方法

落ち着いて考えて見ましょう。解決策はコレ


少しずつ返せるなら個人民事再生

正式には、個人民事再生と言います。
個人(民事)再生とは、裁判所で借金返済が困難であることを認めてもらい、返済の80%以上を減額してもらい、返済額を10%から20%と言う額にしてもらいます。
減額してもらった借金は、3年間かけて分割して払っていきます。

個人再生に向いてる人は

ある程度収入があり、マイホームを手放したくない、破産はしたくないので少しづつは返せる、破産すると、職業を失う、という人です。こういった人は、自己破産する前に、個人再生の道を考えましょう。

小規模民事再生

個人事業主やサラリーマンなどで,借金が5000万円以下の人を対象にしています。主に住宅ローンです。
債権者、借りている人たちの数の2分の1以上の反対がなく,反対した債権者の債権額の合計が全債権額の2分の1を超えていないことが必要になります。

 

給与所得者等再生

小規模個人再生を利用できる方のうち,給与などの安定した収入があり,収入の変動幅が小さい方が利用できる手続です
返済額は、小規模民事再生よりも高額になりますが、債権者に関する要件(借りている人たちの数の2分の1以上の反対がなく,反対した債権者の債権額の合計が全債権額の2分の1を超えていない)これがありません。

 

 

個人再生するとこうなる

個人民事再生すると、3年間は減額された借金を返す必要があります。また、専門家に相談しないと手続きが複雑です。

 

 

個人再生手続きでも、取立てはとめられます。
個人再生のすべてはこちらから

 

成功する個人再生

無料相談法律事務所