債務整理の方法と借金返済方法

落ち着いて考えて見ましょう。解決策はコレ


自分で裁判

2000年2月に特定調停法が施行され弁護士や司法書士を通すことなく、自分で裁判所に申し立てできるようになりました。

 

申し立てがあった時点で、借金、債権者の取り立ては停止します。また、利息制限法を越える金利が適用されていた場合など、話し合い、調停で、返済額が減額されることがあります。

こんな人は特定調整を

申し立てた時点で取立てを中止しなくてはいけないので、取りたてに悩む人には効果的な手段です。
また、裁判費用が少なくてすみますし、少しずつ返済していくので、自己破産とはちがい、制限もありません。ブラックリストには乗ってしまいます。

 

成功する特定調整

無料相談法律事務所