個人再生(個人民事再生)について

落ち着いて考えて見ましょう。解決策はコレ


個人再生を申請してもだいじょうぶか

個人再生は、借金返済が困難になった時、自宅を手放さなくても済むという大きなメリットがあります。

 

しかし、その分利用については、条件があります。当然ながら、それ相応の収入があるのが条件です。

将来的に継続して収入がある

 

個人再生は、再生計画案に従って、債権者に返済を行います。再生計画通りに返済を進めるために、途中で収入が減ってしまったり、なくなったりすると困ります。再生計画案通りに返済することが条件です。返済の滞りは、計画案通りの返済を了解して、あなたの個人再生を認めた債権者の利益を大きく損なうため収入が継続してあることは、絶対条件となります。

 

 

住宅ローンを除いて借金の総金額が5000万円以内

 

これは、あまり当てはまらない条件かもしれません。個人の場合、住宅ローン以外の借金の総金額が5000万円を越えてしまうことはあまりありません。また、住宅ローン以外で、担保権の設定がされている債権は、その担保権を行使することによって配当が期待される金額を除きます。

 

成功する個人再生

無料相談法律事務所