個人再生(個人民事再生)について

落ち着いて考えて見ましょう。解決策はコレ


個人再生を選ぶか、やめるか

個人再生のメリット借金の大幅減額がありますが、おもだったものをあげていきます。

 

メリット

 

 

住宅ローンがある住宅を手放すことなく債務整理ができる

しかし、個人再生手続きでは住宅ローンの減額はできません。先に支払いを延ばしてもらうだけです。支払いはきっちりとしなくてはなりません。

 

手続き中、個人の資格制限がない


仕事に必要な資格を個人再生するということで失うことはありません。

 

不可抗力で残金の免責

一度認められた再生計画で支払いを続け、決められた額の4分の3以上を支払った後、債務者の責任でない理由で支払が出来なくなったら、残りの金額を免責されます。

 

 

デメリット

 

 

公告される

官報に記載され、広く公告されます。社会的な地位のある方は気になるかもしれません。

 

ブラックリストに乗る

信用情報機関にて「事故情報」として5年間登録がされ、新たな借り入れやクレジットカードの利用ができなくなります。

 

すべての債権を支払うのが条件

一部特定の債権のみを減額してもらったりすることはできません。

 

個人での申請は難しい

給与所得者再生で、再生を行った人は7年間破産免責ができません。その他にも、申立てから再生認可が決定されるまで大体6カ月程度と長期間かかることや手続きが複雑なため、一般個人が自身の力のみで手続きを行う

 

には難しい労力が必要となる点も気をつけましょう。

 

成功する個人再生

無料相談法律事務所