債務整理の方法と借金返済方法

落ち着いて考えて見ましょう。解決策はコレ


個人再生の手続き

個人再生を行う際の手続きの流れ

個人再生の手続きは、必要な書類を整え、申立手数料と予納金を、現在、自分が暮らしている住所地にある地方裁判所にて申立てします。

 

裁判所の指示で個人再生委員が選任され、申立人や弁護士などの申立代理人が面談を行って、個人再生の開始を決めたり、書類を整えます。

 

個人再生開始の決定が出されると、債権額がいくらなのか、実際の額を確定するための手続きがはじまります。

 

そうなると、債権者からは債権届がだされ、申立人や申立代理人には「債権認否一覧表」及びそれらに関する報告書の提出が求められます。

 

ここで、債権者側は、ほかにどれくらい債権があるかなどの届状況や、返済できるかどうかの認否など確認します。

 

この手続きのあと、再生計画案を提出して、その再生計画案が裁判所にて認められると「再生認可決定」となります。

 

そして、再生計画案に沿っ、あなたが実際に返済していくストーリーがスタートします

手続きにかかる時間

個人再生か・・そういう手もあったか!と、早速手続きのために申込みをしようとすると、実際に手続きには半年程度かかるといわれます。

 

これは地域それぞれの裁判所によって異なりますが、ほとんどの裁判所では6ヶ月を一つの目安として考えています。
かなりかアkるといっても良いでしょう。

 

個人再生手続きは、裁判所への申立からスタートして、裁判所が認可決定し、確定することで個人再生全ての手続きが終わります。
これを個人で手続きすると、かなり難しい手続きとなり、もっと時間がかかってしまうかもしれません。

 

高額請求されると思いがちの弁護士や司法書士への依頼ですが、返済の手間や、減額分を考えると、短い人生の時間の一部を、余分なことで苦しまないようにする法律家への依頼をオススメします。

 

成功する個人再生

無料相談法律事務所