債務整理の方法と借金返済方法

落ち着いて考えて見ましょう。解決策はコレ


個人再生を自分一人でできるのか?

これはあきらめた方がいいでしょう。
個人再生を申請する人は弁護士や司法書士にほとんどの人が依頼します。

 

 

個人再生は債務整理手続きの中でも最も複雑です。
弁護士や司法書士から高額な請求があるのこ事実ですが、個人再生は、多少の出費は覚悟して弁護士や司法書士など専門家の力を借りたほうが、一般的にはトータルでコスト安になります。

 

弁護士や司法書士に個人再生で、小規模個人再生及び給与所得者等再生」の手続きを依頼する最大のメリットは、貸金業法第21条第9号にのっとって、受任通知が発行されることで、債権者からの請求を止めることが出来ることです。
難しく不慣れな手続きや、必要書類の作成などの作業時間が大幅に軽減されます。

 

しかし、債務者自身が自分で個人再生を申立てることが禁止されてはいません。自分には法律の知識に自身がある!どうしても弁護士などへの費用がない!と言う方は、自分で個人再生を申請することも可能です。

 

途中で投げ出しそうになり、最終的には依頼することになるよりは。最初からあっさり、費用を覚悟して望んだ方が、手続きに頭を悩ませるために使うより、今後のために前向きに考えることも出来るでしょう。

 

成功する個人再生

 

 

 

 

 

 

無料相談法律事務所