個人再生(個人民事再生)について

落ち着いて考えて見ましょう。解決策はコレ


 

 

 

 

2つの個人再生方法記事一覧

給与所得再生

「給与所得者等再生手続き」とはサラリーマンなど、給料が安定し、定期的な収入を得られる見込みがある債務者で、収入の変化が小さいと認められたときに利用することができます。しかし、給与所得者等再生手続きでは、「可処分所得要件」の関係で、債務額があまり減りません。そのため、サラリーマンやそのほかの人も「小規...

≫続きを読む

 

どちらがよいか

「小規模再生手続き」の方が弁済額が低くなるため選択する人が多いのが現状です。現在、個人再生を申立てる人の大半が「小規模個人再生手続き」を選択しています。「給与所得者等再生手続き」は、再生計画の弁済総金額について「可処分所得要件」があるので、独身や高額収入の方は弁済総額が多くなってしまう可能性がありま...

≫続きを読む

 

小規模個人再生

小規模個人再生手続きとは、住宅ローンなどを除いた無担保債務が5000万円以下である個人が対象です。将来の収入の見込みがあって、ある程度の返済を行なうことが出来る債務者を再生することを目的としています。自営業者、農家、漁業関係などの方でも利用できますしサラリーマンはもちろん利用が可能です。利用の要件に...

≫続きを読む

 

無料相談法律事務所