個人再生(個人民事再生)について

落ち着いて考えて見ましょう。解決策はコレ


個人再生と言う制度とは

個人再生は2001年から始まった制度です。
まだ、一般にはよく知られていないところもあります。
再生計画にしたがって、その額が、3年間でちゃんと返済ができていれば、残りの借金が帳消しになると言う制度が個人再生です。

 

 

例を挙げて説明しましょう。

 

個人で1000万円の借金がある人が、収入に応じて支払える金額、例えば3年間で500万円を返済するというプランを立てます。
この再生プランを裁判所に認めてもらい、3年間で再生プランどおりに実際に返済すれば、残りの借金500万円は免除されます。

 

 

個人再生手続きは、住宅ローンを除いた債務総額が5000万円以下である個人債務者が対象です。
条件としては、、将来的に一定の確実な収入を得ることが見込まれている場合に利用できます。サラリーマンの方は将来的な確実な収入が見込めているといって良いでしょう。
収入があるのに、借金を抱えて悩んでいる方。
こういった人が、個人再生手続きに向いているといえますし、個人再生手続は、とても魅力的な制度と言えるでしょう。

 

成功する個人再生

個人民事再生は新しい制度関連ページ

再生計画について
個人再生についての詳しい情報をお届けします。比較的新しい制度なので、よく知るとと新しい光も見えてくるかもしれません。

無料相談法律事務所