債務整理の方法と借金返済方法

落ち着いて考えて見ましょう。解決策はコレ


住宅ローン特則を受けるために

住宅ローン特則を利用するためには、以下の条件が必要です。

 

担保に抵当権が設定されている

住宅に住宅ローンを担保するための抵当権が設定されていることです。抵当権には、根抵当権も含まれています。
住宅ローンの申し込みをした金融機関の抵当権だけではなく、住宅ローンを保証してくれる保証会社の付けた抵当権も該当します。

 

抵当権以外に担保権がついていないこと

住宅ローンを担保するための抵当権以外に担保権がついていないことです。
住宅ローンの後順位に事業者ローンを担保するための抵当権や仮登記を含んだ根抵当権などが建物や敷地内についている場合など、住宅ローン特則を受けることは出来ません。

 

年齢制限

住宅ローンの期間期限延長には、年齢制限があります。
70才を超える計画・・・・65才の者は5年延長が限界・・をたてることはできません。

 

※これ以上の条件を望む場合には,住宅ローン債権者に相談して決めていきます。

 

 

 

 

 

 

住宅ローン特則を受けるために関連ページ

家を手放したくない人
借金返済で、家をなくしたという人の話はよく聞きますよね。 マイホームを維持するのは、借金返済において大変です。

無料相談法律事務所